Sygnaの目標

すべての投資家が暗号資産を安全かつ簡単に利用できる環境を提供したいと考えています。

資料を請求する

Sygna Bridgeとは、FATF勧告第16条の基準をVASPに適用することにつき、サービスを提供する又は積極的に促進するようにといった関連資料について右のボタンをクリックしてください。

資料をダウンロードする

企業理念とその方針

Sygnaは弊社のコアバリューを明確にし、お客様の暗号資産をより安全に、効率よく見守ることを意識しております。

約束

お客様の信頼を得ることは我々の最大の努力目標であり、お客様が大企業、個人にもかかわらず
セキュリティやプライバシー保護は我々が最も重視しているものです。

メリット

Sygnaは弊社の成長戦略への対策に積極的に取り組むことで、産業構造に変革をもたらし、新しいコンプライアンスマネジメントと今後のイノベーション政策として必要なツールを提供します。

リーダーシップ

ブロックチェーンセキュリティソリューションの世界的な先駆者として最先端のデジタル技術を最良化することを目指します。また、暗号資産の事業展開と共に、次世代の金融世界を構築していくことに貢献します。

セキュリティ

堅牢なセキュリティと、シンプルなデザインと優れた操作性を備えているのが最大のメリットです。Sygnaは、最高レベルのセキュリティとコンプライアンスが一本化されているため、効率よくかつ高度なセキュリティシステムを構築します。

会社案内

会社名 Sygna 株式会社
Sygna Inc.
登録番号 8010401150880
設立年月 2020年2月
事業内容
  1. 情報通信機器及びコンピュータソフトウェアの設計、開発、運用、販売、保守管理、監査及びリリース業務
  2. 前号に関する知的財産権の取得、譲渡、貸与及び管理業務
  3. 業務委託先の選定に関するアドバイス及び業務委託先の管理業務
  4. 前号に関する情報提供、データ入力、研修及びコンサルティング業務
  5. 全各号に付帯関連する一切の事業
  6. その他一切の事業
取締役
代表取締役 欧 仕邁
取締役 葉 一伶
資本金 2,000万円(資本準備金を含む) ※2020年2月末時点
住所 〒107-0061 東京都港區北青山二丁目12番8号3階
2014

CoolBitXを設立

マイケルオウ氏(歐仕邁)は、安全かつユーザーフレンドリーなブロックチェーンと 暗号資産ソリューションを基としたフィンテックセキュリティー会社「CoolBitX」を設立しました。

2016

CoolWalletを発表

CoolBitXは、2015年に初クラウドファンディングによる目標額を達成し、2016年に世界初のモバイル用ハードウェアウォレット「CoolWallet」を発表しました。

2018

CoolWallet Sをリリース

CoolBitXは、Bluetoothを介して世界最初のマルチ暗号資産ハードウェアオェレットであるCoolWallet S (受賞)を発表しました。また、トラベルルールに従い、Sygna Bridgeによるコンプライアンスマネジメントを開始しています。

2019

Sygnaを発表

SBIホールディングスが投資したCoolBitXは、VASPsがFATF勧告第16条に於いて基本原則となっているなど、標準的なアプロー
チとなっているSygna Bridgeを発表しました。

  • CoolBitXは、V20 Crytocurrency AML international forumに参加しました。
2020

Sygnaはアライアンスネットワークを構築しています

Sygna Bridgeは、クロスボーダー取引「トラベルルール」ソリューションとしての有効性を確実に実行し、世界的で明らかにされています。

  • 4大会計事務所による会計監査を行った上で、日本、韓国のVASP間のトランザクションテストネットを立ち上げるようになっております。
  • Joint Working GroupにおけるユニファイメッセージングステンダードであるInterVASPメッセージングステンダード(IVMS101)をサポートします。
  • 大手シンガポールのブロックチェーン協会「ACCESS」より適合性評価制度を高く評価されています。
2021

Sygnaがモジュラー暗号コンプライアンスソリューションを発表しています

Sygnaは、各業界パートナーとの連携と共に事業発展を広げてゆき、VASPsとそのコンプライアンスニーズに適切にご対応できますよう努力していきます。

  • Sygna Bridgeは、FATFトラベルルールコンプライアンスソリューションの先頭になり、世界的に認証された情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)規格であるISO / IEC27001認証も獲得しています。
  • シンガポールのMAS(シンガポール金融管理局)は、SygnaクライアントであるIndependent Reserveに原則としてのライセンス承認を保守しています。
  • Sygna Hubは、ブロックチェーン分析と制裁スクリーニングが統合されたAPIベースにて、VASPsにサービスを提供するためのトータルコンプライアンスソリューションの役割を担っています。
    更に、SaaSブラウザ「Sygna Gate」は、テクニカルインテグレーションリソースを経由せず、簡単に情報システムを構築することが可能です。
2022

Sygnaは今後も国際間展開事業を歩き続けていきます

Sygnaは、デジタルアセット業界であるAMLコンプライアンス変革の最前線に立ち続けています。

  • 日本市場とコンプライアンスリクエストに確実に対応するように、Sygna Japan Task Force(SJTF)が設立されています。
  • 日本におけるライセンス持ちの6つのVASPsと、1つのグローバルな取引所グループ、韓国、台湾、シンガポール、香港、英国、スイス、南アフリカ、オーストラリア、米国、カナダといった37つ以上のVASPsは、Sygnaソリューションとトラベルルール契約を締結しています。
2014 2016 2018 2019 2020 2021 2022