bridge-logo

VASPがコンプライアンス要件に準拠するための統合ソリューション(データ収集や必要な顧客情報など)を提供しています

デモの申込

Sygna Bridgeとは、FATF勧告第16条の基準をVASPに適用することにつき、サービスを提供する又は積極的に促進するようにといった関連資料について右のボタンをクリックしてください。

ダウンロード中
Sygna Bridgeはトラベルルールのコンプライアンスプロセスの一環であり、
暗号資産業界をリードするメッセージングネットワークによって、
VASP同士が取引先とセキュアかつ正確な取引情報を相互にシェアするサービスの提供です。

Sygnaの仕組み

Sygna Bridgeとは、VASP同士がコンプライアンス準拠の取引情報をセキュアに共有できる、シンプルなAPIベースのメッセージングサービスです。

Sygna Bridgeは暗号資産の全般をサポートし、VASP同士がFATF勧告第17条によって定められている、送金側(orginator)と受取側(beneficiary)との情報を共有可能な、セキュアなプラットフォームです。

VASP同士(金融庁認可済)によって構成されるSygna Bridgeのアライアンスは、個人情報(PII)を安全かつ改竄不可で、受取側と情報共有を支援することができます。

スムーズな導入

“コンプライアンス遵守が重要視すべきます。
通常業務に支障を与えず、Sygna APIインストール設定からアライアンスへの参入にかけては6週間以内でセットアップ済みです。”

フレキシブルなソリューション

お客様が初期設定をしっかり行っていただいた上で、すべての暗号資産を支援するSygnaは、国・地域ごとの規制によりそれぞれの対応が異なり、テクノロジーアライアンスパートナーズのソリューションとのより深い統合により期待以上のパフォーマンスを実現します。

コストメリット

FATF勧告第16条に簡単に対応することができます。
最小限のコストで最大の収益を上げるソリューションによって、両方の取引先はすべての情報を共有します。

高度なセキュリティレベル

Sygna Bridgeは、最先端のデータセンターとしてオフチェーン上にお客様の取引データを安全に記録し送金します。
そして、PIIを暗号化し、受取側のVASP向けが解読できるプライベートキーを生成します。
Sygnaはお客様の取引情報への収集又は再利用を一切しません。

導入までの流れ

ステップ1

デモの申込

ステップ2

Sygna API インストール設定

ステップ3

コンプライアンスと必要な取引情報を共有すること

時事問題へのアプローチとその将来性

データ駆動型によるデジタルテクノロジーの動向や、暗号資産、業界の規制、技術開発などの最新情報などを提供します。